カンボジア日本技術大学

講師紹介

酒井 亮(さかい あきら)

福岡介護福祉専門学校卒業(介護福祉士、介護支援専門員)
介護講師の酒井です。私は、日本で25年間、介護の仕事をしてまいりました。
日本での介護の現場経験を活かし、カンボジアの国に日本の「介護」という文化を根付かせたいと思いカンボジアへ赴任いたしました。新しい価値、新しい概念の創出という何もかも初めての取り組みですが、学生の皆と一緒に作り上げていきたいと思います。

コン ヴィアスナー

王立 プノンペン大学卒業
私の名前はコン ヴィアスナーと申します。出身はプレイベン州です。今年25歳になります。趣味は本を読むこと、そして教えることです。私は教師になる夢がありました。
子供のころから自分が知っていることを人に教えることが大好きでした。この大学は、そんな私の夢をかなえてくれた学校です。
この大学では、カンボジアでは初めて介護を学ぶことができます。そして大学の中に入れば、日本を感じることもできます。これからも、この国の発展のため教師として頑張っていきたいです。

スロン スレイニッチ

王立 プノンペン大学卒業
私の名前は、スロン スレイニッチと申します。私は以前日本語学校で半年ほど日本語教師をしていました。教師は簡単な仕事ではありません。しかし、私は日本語を教えるのが大好きです。この大学はカンボジアで初めて介護を学ぶことができる大学です。そしてその為にも日本語を学ぶことが必要です。
私は自分の経験を活かし、学生に日本語を教えたいと思います。

生徒紹介

コット スレイニッチ

私はスレイニッチと申します。今年20歳です。現在カンボジア日本技術大学で勉強しています。
この大学に入学したきっかけは、日本語や、日本文化を学びたいと思たからです。そして、日本に行って日本人と働きたいと思ったからです。日本での仕事が終わって、帰国し、日本で学んだことをカンボジアと共有していきたいと思っています。

モハマット ソクリエー

私はソクリエーと申します。子供のころから日本で働きたいという夢がありました。
どこで、どうやって学べるのか全く分かりませんでした。しかし、Facebookでこの大学のことを
知り、良い知識を得ることができる思いこの大学に入りました。日本語はとても難しいです。
ですから毎日夜遅くまで勉強しなくてはなりません。しかし、夢をかなえるために一生懸命
頑張って勉強します。

エム ラチャナー

私はラチャナーと申します。この大学を選んだ理由はカンボジアで初めて介護を学べことが
できる大学だからです。また奨学金制度により学費が無料で、日本での3年間働きながら
学ぶことができるからです。
規則があり、先生方も教え方が上手で、教室も明るく雰囲気がいいです。
私は寮で生活をしていますが、大学から近く、部屋もきれいで友達とお互いに助け合い、
楽しく生活しています。

教育方針

自主自立に向けた明日に役立つ実践知を学ぶ

特徴

生きた日本語力:経験豊富な日本語教師が生きた日本語を徹底指導します。介護で必要な専門用語も学びます。

日本の介護技術:独自の教材と教育メソッドを使い、日本人の介護教師による直接指導で、介護に特化した人材を育成します。

日本での介護技能実習:日本で最長5年間の介護施設での介護技能実習ができます。実習は大学を卒業するために必要な単位数として代替えすることができます。

カンボジア紹介

約30年前、ポルポト政権時代に、800万程度の人口の内、200万、300万とも言われる有識者が虐殺され、経済・教育などすべてが崩壊しました。 人口の85%が14歳以下という状況に陥り、日本などの国々の支援を受け、ようやく今、安定と成長への道が開けつつあります。 これからのカンボジアには、多くのリーダー達が必要とされています。日本で実践知を学ぶ技能実習制度はそのリーダーたちを育成し、国際支援となります。

TOP

Copyright © JQC, All rights reserved.